「地域猫」について

山口県で行政書士をしている森次です。

今回は、「地域猫」について書きます。

先ずは、犬や猫が全国で1年間にどの位殺処分されているかご存知でしょうか。

平成26年度実施された犬猫の殺処分は、合計101,338匹でした。

の殺処分は21,593匹の殺処分は79,745匹

猫が圧倒的に多いです。(環境省 統計資料より)

そこで「地域猫活動」の存在を、野良猫が増えて困っている人や

助けてあげたい人に知って頂ければと思います。

「地域猫」とは、【山口県地域猫活動ハンドブック】によると、

地域住民の認知と合意が得られている、特定の飼い主のいない猫 

と記載されています。(山口県のHPからダウンロードできます)

活動の目的は、将来的に飼主のいない猫をなくしていくことにあります。

まだ始まったばかりの活動で、県内では数件程度で普及はこれからです。

この地域猫活動をするためには、地元住民の合意と協力が重要になってきます。

金銭の負担も大変ですが、不妊治療に対し市や町によっては助成金が出る自治体もあります。

また、<地域猫活動お届け講座>という講師派遣も実施しています。

ご希望の場合、健康福祉センターにご相談されては如何でしょうか。

多くのにこの活動を知って頂ければ幸いです。

では次回。


特集記事
最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。