ストーカー規制法改正案について

18日(金)、ストーカー規制法の一部改正案が参議院を通過し、今国会で成立する見通しです。

主な改正のポイントは以下のとおりです。

〇罰則の上限の引き上げ

  ストーカー行為に対し、懲役刑が6ヶ月⇒1年

                 罰金 50万円⇒100万円

  禁止命令等に違反してストーカー行為

                懲役刑が1年⇒2年

                罰金  100万円⇒200万円

  禁止命令等に違反

                罰金 50万円 の他に

                懲役刑6ヶ月 も追加

〇SNS(ツイッター、フェイスブック等)にも対象拡大

〇親告罪⇒非親告罪へ

〇つきまといの定義の拡大

 ⇒住居等の付近をみだりにつきまとう行為も追加

〇警告前置の廃止

2000年に制定されたストーカー規制法は、2013年の改正を経て、今回の改正となりました。

警察庁の統計資料によると、平成27年は、21,968件でした。

ストーカー規制法に基づく検挙犯は677件、警告は3,375件、禁止命令等は145件でした。


特集記事
最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。