不動産購入の諸費用について

10月も最後となり、今年も残すところ2ヶ月となりました。

今回は不動産を購入した際の諸費用について書きます。

一戸建てやマンションの広告をよくみかけますが、実際に購入する場合、

購入価格以外にさまざまな費用がかかります。

大きく①税金と②手数料等に区分することができます。

さらに【取得時】と【所有時】に分けます。

【取得時】

税金

・不動産取得税⇒都道府県税

・登録免許税(登記の際必要)⇒国税

 ※固定資産税評価額により計算

 ※新築建物は認定価格により計算

・印紙税

 (売買契約書、金銭消費貸借契約書に必要)⇒国税

・建物・仲介の消費税⇒国税

・固定資産税(清算金)⇒市町村税※23区は都

・都市計画税(清算金)⇒市町村税※23区は都

手数料等

・仲介手数料(不動産会社)  ※仲介業者ありの場合

・融資事務手数料(金融機関)

・保証料(金融機関)

・土地家屋調査士手数料※新築等

・司法書士手数料

・火災保険料、地震保険料

・団体信用生命保険料

・管理費・修繕積立金の清算金※中古マンション等

・引越し費用

・家具、電化製品等の購入費

【所有時】

税金

・固定資産税⇒市町村税※23区は都

・都市計画税⇒市町村税※23区は都

手数料等

・管理費・修繕積立金

・駐車場代※マンション等

・住宅ローンの金利

トータルでどの位かかるかは、金利、ローン、頭金等によって

異なりますが、だいたい物件の1割前後くらいかかってくるのではないでしょうか。

新築や中古によっても違いますのであくまでも参考程度です。

今回は以上です。では次回。


特集記事
最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

© 2016 森次行政書士事務所

ソーシャルメディア:

  • Facebook Social Icon
  • Google+ Social Icon