土地の価格

山口県で行政書士をしている森次です。

今日は雨が降り少し肌寒く感じます。

今回は、「土地の価格」について書きます。

価格には、一般的に「一物四価」とも一物五価と呼ばれるものがあります。

※公的価格は②~⑤です。

①実勢価格(取引価格)

実際に取引される価格

②公示価格

  基準日⇒毎年1月1日

  公表日⇒3月下旬

  決定機関⇒国土交通省

  目的⇒売買の目安等

  公示価格のと比較⇒ -

③基準値(標準)価格

  基準日⇒毎年7月1日

  公表日⇒9月下旬

  決定機関⇒都道府県

  目的⇒売買の目安等

  公示価格のと比較⇒ 100%

④相続税評価額(路線価)

  基準日⇒毎年1月1日

  公表日⇒7月初旬

  決定機関⇒国税庁

  目的⇒贈与税、相続税を算出する際の基礎

  公示価格のと比較⇒ 80%

  ※路線価は国税庁のHPでも閲覧ができます。

⑤固定資産税評価額

  基準日⇒原則3年ごとの基準年度の前年1月1日

  公表日⇒3月1日 基準年度は4月1日

  決定機関⇒市町村、東京23区については東京都

  目的⇒固定資産税、不動産取得税、登録免許税等の算出

  公示価格のと比較⇒ 70%

国土交通省のサイトには、不動産取引を行ったアンケート結果を公表しているサイトがございます。

土地総合情報システムと検索して頂ければご覧になれます。
不動産は個人の資産の中で大きな割合を占めます。
今後、保有、賃貸、売却、相続、贈与等考えられます。
しかし、先ずは現在の状況を公的書類で正確に確認しておくことが重要かと思います。
当所をご相談の窓口としてお気軽にご用頂ければと思います。
では次回。


特集記事
最新記事