成年後見制度①

山口県で行政書士をしている森次です。

今回は成年後見制度について書きます。

成年後見制度は2000年4月に、公的介護保険制度と同時に始しました。

まだまだ利用される方が少ないのが現状です。

成年後見制度は大きく2種類に分類されます。

①法定後見制度  と ②任意後見制度  です。

さらに法定後見制度は、ご本人の判断能力に応じて

「後見」  「保佐」 「補助」 の3つに分類されます。

法定後見制度は、判断能力が不十分になってから利用でき、

任意後見制度は、判断能力が不十分になるにあらかじめ契約し利用できます。

任意後見制度はいざというときに備える一種の「保険」に近いといえます。

成年後見制度に関してご検討の方は是非ご相談下さい。

訪問出張致します!

では次回。


特集記事
最新記事